日本精神保健看護学会第30回学術集会・総会(The 30th Annual Meeting of the Japan Academy of Psychiatric and Mental Health Nursing)

地域移行支援の哲学−政策と実践への具現化(embodiment)−

ワークショップ

募集期間

2019年11月8日(金)~2020年 1月17日(金)24:00
1月24日(金)24:00

お申込み多数のため、募集を締め切りさせていただきました。

  • 演題登録期間中は何度でも変更・確認・取り消しが可能です。
  • 締め切り直前には応募が集中し、アクセスしにくくなることがありますので、早めの登録をお勧めします。
  • 著者数と施設数に関して、最大登録数をそれぞれ20までとご案内させていただいておりましたが、著者数は5、施設数は10までしか登録できない状態が続いておりました。
    システム改修後、1月16日18時現在より登録可能となっております。
    ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

ワークショップの開催について

  • ワークショップは、本学術集会の多様な参加者が主体的に参加し、参加者間の相互作用を通じて新しい創造と学習を生み出すために、本学会設立当初から学術集会において開催されてきました。
  • 一方的な知識や技術の伝達ではなく、参加者の体験を通した、開催担当者と参加者との間で生じる双方向的な学びと創造のスタイルで、70分または90分の時間枠で実施していただく企画です。
  • 事前打ち合わせの場所が必要な場合は、会場内の学術集会参加者の交流会場をご自由にお使いください。

応募資格

  • ワークショップ企画代表者および担当者は登録時に本学会会員であることが必要です。
  • 当事者、家族の方に限り、当事者・家族の当日参加費をお支払いいただき、非会員の場合でも「協力者」としてワークショップの企画にご参加いただけます。
  • 非会員の方が本学術集会でワークショップ登録を希望する場合は、日本精神保健看護学会ホームページの「入会のご案内」を参照いただき、入会申し込み手続きを完了してください。
  • ワークショップ登録に伴う新規の学会入会については日本精神保健看護学会事務局にお問い合わせください。

登録方法

  • ワークショップは、(演題登録システムを利用し、)オンライン登録のみ受付いたします。
  • E-mail、ファックス、郵送等による応募は受け付けませんのでご注意ください。
  • 必ずご本人に連絡ができる電子メールアドレスが必要になります。
  • 下記ご案内をご確認後、本ページ下の「演題の新規登録」ボタンをクリックして、演題登録フォームにお進みください。

オンライン登録についての注意

  • オンライン演題登録システムでは、Internet Explorer、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefoxの最新バージョンで動作確認を行っていま。特にInternet Exploreは、10以前は対応外となります。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
  • タイトルの制限文字数は、全角70文字です。
  • 抄録は、全角で1400文字まで、図表がある場合は1000文字までとなります。
  • 図表のファイル形式はpdf、jpg、png、gifとしてください。サイズに制限はありませんが、図表を大きく表示したい場合は抄録の文字数を減らして登録してください。なお、図表のレイアウトはご一任いただきます。
  • 登録可能な最大著者数(筆頭発表者+共著者)は、20名です。
  • 発表可能な最大所属施設数は、20施設です。
  • 抄録には目的、方法、内容、倫理的配慮について必ずお書きください。
    テーマは以下から選択してください。
    • ① 地域移行支援に関すること(第30回学術集会のテーマに関連するもの)
    • ② 精神保健看護領域における看護実践
    • ③ 精神保健看護領域における看護教育(基礎・継続)
    • ④ 精神保健看護領域における看護管理
    • ⑤ リエゾン精神看護実践
    • ⑥ 精神保健看護に関する事例検討
    • ⑦ 心理・社会的アプローチと看護実践
    • ⑧ 精神保健看護学領域における研究方法
    • ⑨ その他

ワークショップ登録

お申込み多数のため、募集を締め切りさせていただきました。

採択について

  • 本学術集会でのワークショップは昨年同様16枠程度を予定しています。
  • 応募多数の場合には、以下の要件に基づいて、登録された情報(口演・示説への変更の可能性の有無を除く)を参照して採択する演題を選定いたします。
選定の要件:
  • 同一の会員グループからの応募は1件に限る
  • 原則として、複数の会員で構成されたグルーブからの応募とする
  • 参加者との交流を通した企画であること
  • 企画内容に倫理的配慮がなされていること
  • 選択した希望テーマ番号と目的・内容が合致していること
  • 目的が明確であるこ
  • 過去に同様のテーマでワークショップを実施されたことがある場合には、過去の企画との関連や発展性を含めて抄録に記載されていること
選定の方法:
学術集会企画委員会において選定要件とテーマ別の採択率に偏りがないようにして、会場配置と調整した結果を理事会にて審議の上で決定いたします。
採択結果は、3月中に企画代表者にお知らせいたします。なお、不採択の演題については、口演または示説発表のご希望がある場合にのみ登録変更のご案内をいたします。

お問い合わせ先

日本精神保健看護学会第30回学術集会・総会 運営事務局
株式会社えんコンベンションサービス
〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-22 天神偕成ビル 2階
Tel:092-751-8275 E-mail:contact@japmhn30.com

学術集会事務局

国際医療福祉大学 福岡看護学部
〒814-0001
福岡市早良区百道浜1-7-4

運営事務局

株式会社
えんコンベンションサービス
〒810-0041
福岡市中央区大名2-8-22
天神偕成ビル2F
TEL:092-751-8275
FAX:092-751-8226